他の機能

ウェブ

ウェブサーバー管理

24時間定可能な、サーバー管理ツール 「コントロールパネル」

コントロールパネルはサービスに関する機能を簡単、わかりやすくご利用いただけるように開発されたサーバー管理ツールです。

契約を束ねる総合管理者の他に、セキュリティと利便性を考慮したドメインごとのウェブ機能・メール機能それぞれについて、独立した管理者を設けることが可能です。

ブラウザとコントロールパネル間は、SSL(暗号化通信)により安全性を確立しています。

ASJサーバー(Webサービス)コントロールパネルの説明

Webサーバのアクセス履歴について

FTPやSSHのアクセスを記録しておき、不正アクセスに気付きやすくすることで、ガンブラーによる改ざん被害を最小限に抑えるための機能です。

通常、日本国内からのみウェブサーバーにFTPアクセスしている場合において、不可解な海外からのFTPやSSHアクセスが行われた場合は、ガンブラー被害による不正アクセスの可能性が考えられます。
国別コードによりわかりやすく色別表示をしていますので、不可解なアクセスと思われるものがあった場合は、すみやかにFTPパスワードを変更する、コンテンツを点検するなどの対策をしてください。

履歴の説明

ガンブラーによる改ざんの予防対策

ガンブラーなどのウィルス蔓延により、サイト運用における「改ざん」予防はとても重要になりました。

盗まれたFTP情報によるアクセスを禁止するFTPアクセス制限、さらに改ざんを検出するコンテンツ改ざん検出、改ざんを検出し保存しておいた状態へ復元できるオプションサービスセキュリティフィットの「改ざん検出・サイト復元」により、悪意ある第三者による改ざんを防ぐことが可能です。

セキュリティフィットのWebコンテンツウィルススキャン「Webフィット」では、改竄コンテンツの一部を検出した実績がございます。

Web転送量

納得、満足の転送量

サイトへ訪問者がアクセスした時に、サーバーは訪問者のパソコンへデータを転送します。
この時に転送されるデータの量を、転送量といいます。

共用サーバーでは、サーバーと通信回線を共用しています。一部のお客様による過度なご利用のために、他のお客様のサイト表示が遅くならないよう、常に監視を行っています。

しかしながら、普通に利用されている 98% 以上のお客様は、ほとんど気にする必要のないものです。
安心してサイト運営を行っていただけるように、転送量は無制限とさせていただいております。

♦ 98〜99%のお客様は現在の転送量の範囲内でご利用いただいています

ASJサーバー(Webサービス)機能 Web転送量の説明

コントロールパネルで簡単設定

マニュアルで具体的にチェック

FTP over SSL

SSLでFTP転送をセキュリティガード

FTPのアクセス時に送信(アップロード)・受信(ダウンロード)するすべてのデータを、SSL認証により暗号化し、第三者による不正な盗聴を防止します。
重要なファイル、機密性の高いデータを操作する際に効果的です。
お客様ご使用のFTPクライアントソフトに設定してご利用ください。

ASJサーバー(Webサービス)機能 FTP over SSLの説明

※FTPアクセスによるデータのみ暗号化します。インターネット経由のデータ(フォームメールなど)の暗号化には、別途SSLサーバー認証IDをお申込みください。

マニュアルで具体的にチェック

ASJサーバー(Webサービス)機能 送信ドメイン認証(SPF)のご注意

FTPアクセス制限

FTPやSSHへのアクセスをIPで制限、不正アクセスを防止

FTPなどのアクセスプロトコルに対する、IPアドレスレベルおよびドメイン名レベルでの制限が可能です。

ガンブラーなどのウィルスにより盗んだFTP情報で第三者がアクセスしようとしても、FTPアクセス制限を利用することで、ホームページの改ざんを防止することができます。

♦ アクセス制限の簡単な手順

  • コントロールパネルのサイト管理内「Webサーバのポリシー設定」にて設定してください。
  • 設定を行ないますと、下記対応アクセスプロトコルのアクセスが一括で制限されます。

マニュアルで具体的にチェック

ASJサーバー(Webサービス)機能 FTPアクセス制限の説明
対象ASJサーバー アクセスプロトコルの種類
エントリー FTP
FTP over
SSL/SFTP
ライト アドバンス マスター エキスパート
ショッパー ショッパーP eリザーブ eリザーブP
FTP
FTP over SSL
SFTP
SSH

♦ 改ざん対策を強化

FTPやSSHのアクセスを記録するWebサーバのアクセス履歴、さらに改ざんを検出するコンテンツ改ざん検出、改ざんを検出し保存しておいた状態へ復元できるオプションサービスセキュリティフィットの「改ざん検出・サイト復元」により、悪意ある第三者による改ざんを防ぐことが可能です。

コンピュータウィルス感染の予防について

セキュリティフィットのWebコンテンツウィルススキャン「Webフィット」では、改竄コンテンツの一部を検出した実績がございます。

ASJサーバー(Webサービス)機能 FTPアクセス制限のご注意

マルチドメイン

異なるドメインでひとつのサイトを表示

お客様のドメイン1つに対し、最大10個のドメインを割り当てます。
商品名や事業名、サービス名などのドメインを複数取得している場合に、どのドメインでアクセスしても同じサイトを表示することが可能です。
複数のサーバー、サイトを運用する必要がなく、一元管理できるのでコストの面でお得です。

ASJサーバー(Webサービス)機能 マルチドメインの説明
初期費用 無料
月額費用 無料
対象ドメイン 日本語.JP / 汎用.JP(アルファベット)CO.JP / OR.JP / .COM / .ORG / .NET / .BIZ
.INFO / .MOBI / .ASIA / .TV / .CC
対象サービス ライト / アドバンス / マスター / エキスパート / ショッパーショッパーPeリザーブeリザーブP

eドメインで.com 外部 でご契約いただいているドメインが対象です。現在日本語.orgは対応していません。

もっと使える!マルチドメイン

アクセス先をマルチドメイン転送先設定にて、任意のフォルダに指定することができます!

マルチドメインを利用する上でのご注意

ドメインの転送先をフォルダで指定できる!

マルチドメインのアクセス先を、メインドメインの任意のフォルダ(ディレクトリ)に指定できます。
ドメインごとにフォルダの指定を変更できますので、キャンペーンサイトの構築などで、特に有効な方法です。

  • 主ドメインのコントロールパネルで簡単に設定できます。
  • 商品名のドメインで、主ドメインの商品ページを表示することができます。
ASJサーバー(Webサービス)機能 マルチドメイン転送の説明
ASJサーバー(Webサービス)機能 マルチドメイン転送の説明2

※マルチドメインをご契約されてる場合にのみ利用できます。

マルチドメインを利用する上でのご注意

コントロールパネルで高度な設定

マニュアルで具体的にチェック

DNSレコードの編集

他社ブログサービスを、お客様ドメインでアクセス可能に!

ドメインマッピングや独自ドメインのURL利用機能に対応し、他社で提供しているブログサービスを呼びだすことができます。

  • レコードタイプは A、 CNAME、 MX、 NS を指定できます。
  • お客様でサーバーを用意された場合は、「server.ドメイン名」のような独自ドメインのサーバー名での呼びだし、あるいは「sub.ドメイン名」などのサブドメインとして運用することも可能です。
  • 合計10レコードまで登録できます。
ASJサーバー(Webサービス)機能 DNSレコードの編集を説明
初期費用 無料
月額費用 無料
対象サービス ライト / アドバンス / マスター / エキスパート / ショッパー / ショッパーP / eリザーブ / eリザーブP

コントロールパネルで高度な設定

マニュアルで具体的にチェック

ASJサーバー(Webサービス)機能 DNSレコードの編集のご注意

パスワードロック

会員だけのサイトにしたい

任意のフォルダにパスワード認証を施すことで、特定のメンバーだけが見られるページを置くことができます。
ページを見るためには ID とパスワードが必要になります。
認証にはお好きな ID(ユーザ名)、パスワードを設定することができます。
お得意様だけのお得な情報を載せたサイトや、社員用のサイトにしたい場合などでご利用ください。

ASJサーバー(Webサービス)機能 パスワードロックの説明

※パスワードロックはwebサーバーの機能を利用したロック機構です。通信データの暗号化には、別途SSLサーバー認証IDをお申し込みください。

コントロールパネルで簡単設定

マニュアルで具体的にチェック

掲示板プラス

掲示板でサイト訪問者とコミュニケーション!

掲示板では、サイト訪問者から意見や感想のコメントをもらったり、訪問者同士がコメントすることができます。
不適切な発言は、管理者が簡単に削除できます。
新しいコメントが書込まれた場合は、指定のメールアドレスにコメントされたことをお知らせします。
掲示板の設定はとても簡単です。

ASJサーバー(Webサービス)機能 掲示板プラスの説明

※iモードでの利用を前提としているため、SoftBank、EZwebの一部の機種に対応していません。

コントロールパネルで簡単設定

マニュアルで具体的にチェック

フォームメール

お問合せや資料請求などに

お問合せや資料請求などで必要な項目をホームページで記入してもらい、内容を指定のメールアドレスへメールとして送信します。
サイト訪問者から質問や意見を聞くために設けるなど、色々な使い方が可能です。簡単な商品注文などにも利用できます。

設定は簡単。フォームメールウィザードにて、わかりやすく手順を追いながら設定を行えます。
なお、記入者のメールアドレスと名前は、必ず記入してもらう必須項目となります。

オーダーメイドでは設置に関するご相談、デザインの変更などを承ります。

ASJサーバー(Webサービス)機能 フォームメールの説明
入力フォーム図

※iモードでの利用を前提としているため、SoftBank、EZwebの一部の機種に対応していません。

コントロールパネルで簡単設定

マニュアルで具体的にチェック

ブログ(インストーラー)

WordPress簡単インストール!

ブログだけでなく、Webサイトの作成ができるWordPress 外部を利用できます。

  • Webサイトの作成・更新が簡単に行えます。
  • WordPressはSEOに有利なため情報発信に最適です。
  • テンプレートを使用することでレイアウトやデザインを変更できます。
  • WordPressのECプラグイン「Welcart」に対応した決済サービス「ASJペイメント」を導入できます。
Wordpress

コントロールパネルで簡単設定

マニュアルで具体的にチェック

ASJサーバー(Webサービス)機能 ブログ(インストーラー)のご注意

EC-CUBE簡単設定

ECサイト構築ツール「EC-CUBE」を簡単設定

高機能で拡張性の高い日本発のECオープンソースパッケージである「EC-CUBE」が利用できます。

  • EC-CUBE3.0対応
  • 「EC-CUBE」のサイトでダウンロードしたインストールファイルを弊社コントロールパネルにてインストールできます。
  • 決済サービス「ASJペイメント」を導入できます。
ASJサーバー(Webサービス)機能 EC-CUBE簡単インストール

「EC-CUBE」導入マニュアルを表示

ストリーミング再生

サウンド、動画をリアルタイムに再生

サーバーから送信されるサウンドや動画などの各種データを、利用者が受け取りながらリアルタイムに再生する技術を「ストリーミング」と呼びます。
これらのデータは保存しない限り残らず、利用者のハードディスクに余計な負担をかけずに済みます。

ダウンロード型の再生は、データのダウンロードが完全に終了した時点で、Plug-inやヘルパーアプリケーションによる再生が行われますが、ストリーミング再生では、データを受け取りながら再生する点が異なります。

弊社では専用サーバーを必要としないストリーミング再生(HTTP Pseudo-Streaming)にてご利用いただけます。ストリーミング再生には、再生用のソフトウェア(Windows Media Playerなど)が必要です。

ASJサーバー(Webサービス)機能 ストリーミング再生のご注意

サブドメイン

ドメインをもっと便利に、有効活用!

ドメイン名の前に「お好きな名前」をつけることで、幾通りものドメイン名でアクセスできるシステムです。

ドメインをグループで分ける、部署ごとにメールアドレスを変える、オンラインショップの開店などでお使いいただけます。支店・支社、サービスの独立したサイト構築などでも活用していただけます。

※メインドメインのメールアドレス、メインサイトと併用できます。

ASJサーバー(Webサービス)機能 サブドメインの説明

♦ ご利用料金について

サブドメインはエントリーを除くすべてのサービスでご契約いただけます。

以下は1サブドメインの月額利用料金です。
親となるドメイン1つあたり、5セットまでの提供です。

提供する機能 月額料金
ライトと同等 2,500円(税抜)
アドバンスと同等 4,500円(税抜)
マスターと同等 7,500円(税抜)
エキスパートと同等 10,000円(税抜)
ショッパーと同等 7,500円(税抜)
ショッパーPと同等 10,000円(税抜)
eリザーブと同等 7,500円(税抜)
eリザーブPと同等 10,000円(税抜)
ASJサーバー(Webサービス)機能 サブドメインのご注意

ファイルマネージャー

ブラウザから直接サーバーのファイルを編集できます

ファイルマネージャー機能を利用して、FTPソフトを利用せずにファイルをサーバーにアップロードしたり、アップロードしたファイルを直接編集することが可能です。

ASJサーバー(Webサービス)機能 ファイルマネージャーの説明

簡単操作で利用できます

ドラッグ&ドロップや右クリックに対応しているので、簡単に操作できます。

ファイルマネージャーの起動

マニュアルで具体的にチェック

ASJファイルマネージャー 対応ブラウザ
Windows IE MS Internet Explorer 7以上
Firefox Firefox 3.0以上
Safari Safari 4.0以上
MacOSX Firefox Firefox 3.0以上
Safari Safari 4.0以上

※SSLをご契約している場合は、https で接続することが可能です。
   ( ファイルマネージャーは、「FTP over SSL」に対応しておりません。)

※通常のホームページの運用においては、FTPソフトのご利用をお勧めします。

マニュアルで具体的にチェック

コンテンツキャッシュ

コンテンツキャッシュによるサイト表示の高速化

サイトのコンテンツキャッシュ設定をコントロールパネルから簡単に設定することが出来ます。

サイトのブラウザのキャッシュ時間を最適化することにより、サイトを閲覧する
ユーザのアクセスの体感速度を向上させ、かつサイトの転送量を低減させることが出来ます。

この設定を最適化することで、スマートフォンなどの上限転送量の目安のあるデバイスからのアクセスに対して、サイトへアクセスする際の転送量負担を軽減することが出来ます。

この設定を行なうことで、ブラウザのキャッシュ時間を最適化することを推奨するネットワークサービスに対して,評価を最適化することが出来ます。
(例: Googleアナリティクスベンチマーク,Google PageSpeed Insight 等) (*1)

サイト全体へのキャッシュ設定を、サーバー設定に直接組込みます。そのため、.htaccess で同等の設定を行うよりも高速に動作するキャッシュ設定を行なうことが出来ます。

※2015/04現在Googleが提唱する「モバイルフレンドリー」に対応するために、この機能を利用することができます。
(*1) この設定をすることで、必ずしも Google ランキングなどの向上に繋がることを保証するものではありません。

コンテンツキャッシュの説明

コントロールパネルで簡単設定

マニュアルで具体的にチェック

ASJサーバー(Webサービス)を申込む

トップへ

お申込みはこちら