トラブルシューター

■更新したはずのページが更新されない?!
Q. ブラウザでアクセスしても新しいページにならない…
「一日一更新」をモットーに、毎日コツコツとホームページの更新をやっています。しかし、そんな心意気も早くもつまづくことに! なんと、更新したはずのページにブラウザでアクセスしても、新しいページが表示されないのです。いったんパソコンの電源を落として再度アクセスすると更新されたりするのですが…。これはなぜ?                    

(更新好き一代男さん・36歳)

A.ブラウザの設定を変えてみましょう
読者のトラブルにかけつける、トラブルシューター・元です。
これは私も最初に遭遇したときはイライラした事例ですねえ。なんといっても、苦労して作ったページがきちんと表示されないのですから。パソコンのキーボードをたたき壊しそうになりました。おっと、落ち着いて、落ち着いて…。
これは、ブラウザの“キャッシュ”が悪さをしている可能性があります。キャッシュというのは、最後にアクセスしたページの内容を覚えておいて、あとで再度アクセスしたときには内容をダウンロードしないで前回の画面を出すというしくみです。
キャッシュはきちんと働いていれば便利なのですが、ページが更新されたことをきちんと検知してくれないときがあります。更新したことがわからないと、古い内容を表示するばかりで新しい画面がいつまでたっても出てきません。これを避けるためには、「更新されているかどうかをまじめにチェックしろ」という設定をブラウザに施してやる必要があります。
Internet Explorerの場合は、メニューの「ツール」→「インターネットオプション」から、「全般」画面の「インターネット一時ファイル」で「設定」をクリック。出てきた画面で「ページを表示するごとに確認する」というところをチェックします。「OK」を押して元の画面に戻ってください。
IEの設定
また、更新したページに確認のためにアクセスしたときは、「更新されているかどうか、きちんとチェックしろ」とブラウザに命令するために、SHIFTキーを押しながらツールバーの「更新」ボタンをクリックします。
更新
これでもうまくいかない場合は、ブラウザが「プロキシ」を使う設定になっていないか確認してください。プロキシサーバーに問題があるのかもしれません。
キャッシュが壊れている場合もあるので、そのときはメニューの「ツール」→「インターネットオプション」を開いて「インターネット一時ファイル」の項目にある「ファイルの削除」ボタンを押してください。これで大概の場合は直ります。

どうですか、解決しましたか?解決できればもう安心!
それではまた次回!

これまでの記事これまでの記事

目次へ