電網通信あみあみ

これならできちゃう!

【 SNSを利用する際に潜む危険性 】

SNS(ソーシャルネットワーキング・サービス)を利用しているあみですが・・・。

ami
あっ、テレビで有名なタレントさんが私と同じSNSをしてる。
どんな書き込みをしてるのかな?
gen
ちょっと待って。それは本当にご本人かな?
ami
えっ?
gen
SNSは便利なサービスだけれど、その手軽さからなりすまし行為がよくあるんだ。
試しに検索を使ったりして調べてごらん。   
ami
本当だ、同じタレントさんらしい名前を登録したアカウントがいくつかある・・・
これってもしかして、どれもニセモノなのかなあ。
gen
もちろん本物もいるかもしれないけれど、安易に信じこむのは危険だよ。
信憑性があるかどうか、よく調べないといけないね。 
ami
うん、わかった。でもどうしてなりすましたりするのかな?
gen
例えば・・・悪質な発言で風評被害を出す目的の場合もあったり、
なりすます行為で、詐欺事件が起きたケースまであるんだよ。
これらは著名人に限らず、一般人の間でも起こりうるよね。
Outlook
ami
ひょっとしたら私になりすまされる事もあるかもしれないんだ。
gen
無いとは言いきれないね。仮に自分がなりすましの被害にあった場合は、迷惑がかかった人達に自分ではないことをしっかり説明し、
サービス側になりすましアカウントの削除を求めよう。
ami
被害に遭わないためにも、自分の名前を検索したり、周りの人達にも注意を払うことで普段から警戒したほうがいいね。
gen
そうだね。
それに見る場合だけじゃなく、書き込みをする際にも気をつけなくてはいけないよ。
ami
どういうこと?
gen
あみの行為が個人のプライバシーを侵害してしまったり、トラブル、犯罪行為につながってしまう可能性もあるんだ。
ami
ええっ、私は全然そんなことをするつもり無いよ!
gen
もちろんそうだろう。
けれど、ちょっとしたことがきっかけになることもあり得るんだ。
ami
例えばどういう風に?
gen
あみは人と一緒に写真を撮ってアップロードすることはあるだろう?
それをうっかり許可無く行ってしまって、相手にやめてほしいと言われたとする。
ami
それはきちんと謝罪して、写真を削除しないといけないよね。
gen
ところが、その発言と写真は既にたくさんの人が閲覧してしまっている。
あみ自身が削除しても、その写真や発言がWeb上に広まるのはもう止められない・・・
なんてことが実際に起こるかもしれないんだ。
Outlook
ami
個人情報は扱いを軽んじると、大変なことになってしまうのね。
gen
そうだね。「今日、芸能人の○○を○○で目撃した」なんて発言も、場合によってはプライバシーの侵害になるんだ。
時刻や場所を特定してしまう行為には、十分注意しよう。
ami
SNSって今まで気軽に取り扱ってきたけれど、慎重な取り扱いが求められるのね。
gen
そうだとも。もちろん、きちんとモラルを持った取り扱いをすれば便利には違いない。
何事においても、物は使いようさ。
ami
うん、これからは今まで以上に気をつけるよ!

次回をお楽しみに!

参考:http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/security02/05.html
総務省 安心してインターネットを使うために 国民のための情報セキュリティサイト SNS利用上の注意点