電網通信あみあみ

これならできちゃう!

【 魅力あるサイトを作成しよう(8) -- ランディングページで商品を紹介しよう! 】

考えごとをしながらパソコンを眺めているあみ。

gen
おや、考えごと?
ami
うん。
バナー広告やメルマガも発信しているおかげで、少しは売上が伸びたんだけどもっと伸ばすことはできないかと思って。
gen
なるほど。
この前あみのところのバナーを見かけたから、クリックしてみたんだ。
そうしたら、リンク先がトップページになっていたんだけど、意図的にトップページにリンクしてるの?
ami
そうだよ。
だってサイトの顔だもんね。
gen
その通りだけど、トップページにリンクしているのはもったいないね。
せっかく広告を出しているんだから、広告に対応したランディングページの作成をオススメするよ。
ami
え、ランディングページって何?
gen
バナー広告などからリンクされている、商品やイベントなどの紹介をしているページのことだよ。
ランディングページはその商品の良さやアピールポイントを前面にだせるのが強みなんだ。
ami
それだったら商品の魅力を伝えやすくなるわね!
でもどうして、トップページだともったいないの?
gen
そうだね、それじゃ仮に「ダイエット用サプリメント」を求めているお客さんがいるとしよう。

クリック先がトップページの場合

gen
この場合、ダイエット用のサプリメントのことを知りたくて訪れても、トップページから探さないといけないよね。
ami
二度手間になるなら、私も「もう、いいかな」って思っちゃうかも。

クリック先がランディングページの場合

ami
わぁ、これならすぐに商品の紹介が見れてアピールもしやすいし、ちゃんとお客さんにも伝わるわね!
gen
うん。
それと広告の内容と一致しているランディングページにして
購入までできるようにすると更に便利だね。

ランディングページ 例

ami
細かく商品のアピールができるのね。
gen
その通り。
お客さんへの気配りがあるともっと良いかもね。

ランディングページ 例2

ami
魅力的に、かつ判りやすく伝えるのって
なんだか、難しそう・・・。
gen
そうだね。
このほかにもコツはまだまだあるから、少しずつ慣れていけばいいと思うよ。
ami
わかったわ!
商品の魅力がしっかり伝わるランディングページを、作れるようにがんばるわ。
gen
そのいきだ。
心をこめて一生懸命作成すれば、サイトを訪れた人にも通じるよ。
次回をお楽しみに!

このページのトップへ▲

あみあみの目次へ

.