電網通信あみあみ
これならできちゃう!

【 どこが違う?--共有SSLと独自SSLについて 】

gen
前回はASJの豊富なプランについて説明をしたね。
今回はSSLについての説明だよ。
ami
SSLの仕組みについては、以前教えてもらったわね。

→【 ASJ SSL 】
→【 SSLサーバー認証ID --新機能 ジオトラストSSLを使う! 】

あ、エントリーサービスにもSSLに関する機能が追加されているわ。

画像

gen
セキュリティ対策は、企業だけの問題ではないからね。
個人ユーザーにも気軽に使ってもらえるように、エントリーサービスに「共有SSL」が追加されたんだよ。
ami
共有SSL?
気軽に使えるSSLって・・・セキュリティ面は大丈夫なの?
gen
問題なくASJサーバーレベルの送受信データは暗号化されるよ。
個人ユーザーがサイト内で部分的に使うには便利だよ。

画像

ami
SSLっていう名称がついているということは、
サイトと訪問者のブラウザの間の通信を暗号化して、通信データを保護する仕組みなのよね?
そもそも、共有SSLと共有じゃない独自SSLはどう違うのかしら?
gen
あみに判りやすいように説明すると、 自分のサイト内でセキュリティが必要なページが契約しているドメインのまま使えるか使えないか、が違うんだ。
ami
共有SSLを利用すると違うドメイン名になるの?
gen
そうだよ。セキュリティが必要なページは違うドメインだよ。
共有SSLの場合は、ASJが用意しているSSLエリアを利用する形式なんだ。
だから、自分でSSL証明書を取得する手間がないのがメリットだよ。
お問合せや申し込みページなど個人情報を入力するようなページを部分的に使う個人ユーザーには便利だね。

画像

ami
へぇ〜!これは使えそう!
エントリーサービスを利用している友達におすすめしちゃおう!
でも、法人で利用する場合はSSL証明書があった方がいいのよね?
gen
そうだね。
SSL証明書は信頼をアピールできるから、法人で利用する場合は独自SSLが使われるケースが多いんだ。

独自ドメイン+SSLでのURL  https://企業のドメイン名/

ami
ネットで買い物する時は「弊社のサイトは暗号化が守られています!」っていうほうが安心だものね。
よく覚えておくわ。
次回をお楽しみに!

このページのトップへ▲

あみあみの目次へ

.