電網通信あみあみ
これならできちゃう!

【 SSLサーバー認証ID --新機能 ジオトラストSSLを使う! 】

ASL SSLとジオトラストSSLの違いをゲンに聞いてみることに...

ami
ジオトラストSSLとASJ SSLとは、一体どこが違うの?
gen
SSLであるという点はASJ SSLと同じだよ。
SSLがどんな機能なのかは、ちゃんと覚えている?
ami
えぇっと…確か…
サイトと、訪問者のブラウザの間の通信を暗号化して、通信データを保護する仕組みのことよね?
前に【ASJ SSL】のところで習った!
gen
その通り。
覚えているなら話は早いね。
ami
なにがどう違うの?
gen
説明するよりも図で見た方が早いから、この一覧表を見てくれる?

SSL サービス ASJ SSL
新規受付終了
詳細
GeoTrust
詳細
VeriSign
詳細
サービス名 BasicSSL ShopSSL ジオトラストSSL
(BizSSL*1)
ベリサインSSL(*2)
暗号化通信の強度 最大256bit
ルート証明機関 Entrust GeoTrust VeriSign
発行資格 個人または法人 個人または法人 法人のみ
発行までの日数 即日〜翌営業日発行 即日〜翌営業日発行 14営業日(*3)
SSLサーバーID(税込年額) 8,400円 10,500円 15,750円
(複数年取得可能)
78,750円
携帯対応 DoCoMo × ×
au
SoftBank
セキュアサイトシール(*4) × (詳細) (詳細) (詳細)
取引保証額(*5) 最大$50 最大$2,500 最大$10,000 最大1,000万円
サーバー利用料(税込月額) - - 2,100円(*6)

ami
えっと…ジオトラストSSLはASJ SSLに近いSSLみたいだけど、価格が違うみたい…
gen
確かに価格は違うけど、よく見てごらん。
ASJ SSLではauとSoftBankにだけに携帯対応しているけど、ジオトラストSSLはその2社+DoCoMoにも対応しているんだよ。
ami
本当だ!
gen
これは、「ルート証明機関」による違いなんだ。
携帯端末でサポートされているルート証明機関に「GeoTrust」が入っているため、携帯でSSLが利用可能になるんだ。
だから、携帯サイトを運営している人にはジオトラストSSLがおすすめだね。
より適しているのはベリサインSSLだけど、こちらは発行資格が法人に限られるからね。
ami
うーん。確かにね…法人しか取れないんじゃ、私みたいな個人だと困るわ。
gen
その点、ジオトラストSSLなら個人・法人も問わないし、価格もお手ごろと言えるね。
ami
ASJ SSLとの補償額の違いはどうしてなのかな。
gen
補償額はSSLを発行する認証局の自信みたいなものなんだ。
実際、この補償は買い物客に対しての補償だから、サイトオーナーには余り関係ないんだよね。
だから、SSL発行認証局を選ぶ際の参考と考えた方が良いね。

あと、ジオトラストSSLなら複数年分のSSLサーバーIDを取得することが可能なんだよ。
これを見てごらん。

サービス名 ジオトラストSSL
SSLサーバーID価格(税込み) 1年 15,750円
2年 29,925円(年換算14,962.5円)
3年 43,470円(年換算14,490円)
4年 56,700円(年換算14,175円)
5年 69,300円(年換算13,860円)

ami
本当だー。
しかも年数が長ければ長いほど、料金がお得になるのね!
gen
5年契約を選択すれば、毎年更新に比べて5年で9,450円お得なんだよ。
ami
ShopSSLと3000円くらいの違いで、携帯電話対応が良くなるのね。
これって結構お得かも!
gen
携帯サイトを持っている人には、是非使ってほしいSSLサーバー認証IDだね。
ami
私も携帯サイトを持ったら、ジオトラストSSLにしてみようかな?
gen
いいんじゃないかな?
最初は低価格のもので初めて、サイトの充実度や信用度に応じてランクアップしても良いと思うよ。
ami
うん。わかったわ。
今回もどうもありがとう。
gen
いえいえ。どういたしまして。
次回をお楽しみに!

このページのトップへ▲

あみあみの目次へ