電網通信あみあみ
これならできちゃう!

【 マルチドメインの転送先フォルダ設定 -- ドメインの有効利用に! 】

マルチドメインの転送先フォルダ設定とはどんな機能なのかよく分からないあみはゲンに聞いてみることに…

ami
マルチドメインの転送先フォルダ設定って一体どんな機能なの?
gen
マルチドメインにアクセスされた時に、親ドメインの指定フォルダ(ディレクトリ)に転送することができるんだよ。
ami
へ…へえー。
gen
何がなんだかよくわからないって顔をしているね?
ami
あはは…。
gen
名前は長いけど、そんなに難しい機能じゃないんだ。便利な機能だしね。
せっかくだから勉強しようか?
ami
うん。お願いします。
gen
まずはおさらい。マルチドメインとは何か?…覚えてるかな?
ami
えっと…。日本語ドメインを勉強したの時に聞いたような…。
gen
そうそう。【 日本語ドメインでアクセスアップ! 】の時に少し触れたね。
もう少し詳しく説明しようか?
ami
うん。お願い!
gen
マルチドメインでは、1つのドメインに対して、複数のドメインを割り当てることができる。
ami
それってどういうこと?
gen
複数のどのドメインでアクセスしても同じホームページを表示させることができるということなんだ。

画像1

ami
そっか!
じゃあ、マルチドメインの転送先のフォルダ設定っていうのはどういうことになるの?
gen
これも図解で説明するね。まずはこれを見てくれるかな?
これはあるショップの画面。このショップのドメインを「親ドメイン」とする。

画像2

ami
うん。
gen
マルチドメインで契約したドメインがこれだよ。これが親ドメインに対する子ドメインになるんだ。
ここまで大丈夫かな?

画像3

ami
大丈夫!
gen
次に、親ドメインのディレクトリに、取得したマルチドメイン(子ドメイン)に対応するそれぞれのフォルダを用意する。

画像4

ami
取得したマルチドメイン(子ドメイン)と同じ名称のフォルダを作ればいいんだね。
gen
そうそう、その調子。
そしてここでマルチドメイン(子ドメイン)の転送先フォルダを設定。

画像5

ami
つまり、http://www.sweets-123.jp/でアクセスすると、
http://親ドメイン/sweets-123/に転送されるというわけね。
gen
その通り。
そして、マルチドメインの転送先フォルダ設定を応用すると、こんな利用ができるんだ。
ami
応用?
gen
そう。例えばショップの場合ならこんな使い方ができるよ。

画像6

※ショップでクッキーの宣伝がしたい場合

ami
そっか!
商品名をマルチドメインにして、その商品の宣伝ページに転送させるのね。
gen
うん。
つまりこういうことだね。

画像7

画像8

ami
さっそく、自分のサイトでもやってみよっと!
gen
その調子。がんばってね。
次回をお楽しみに!

このページのトップへ▲

あみあみの目次へ