電網通信あみあみ
これならできちゃう!

【 tDiary 】 〜前編
8月から簡単に利用できるようになったブログ型日記CGI「tDiary」。
サイトのアクセスアップにもつながるということで、さっそく設定しようとしたあみですが...
ami インストールは簡単にできたけど、名前の付け方もよくわからない...
gen ブログ始めるんだって?
無理に更新しないで、マイペースでやることが長く続けるコツだよ。
ami それが...
設定でとまどっちゃって。CSSがよくわからないのよね...
gen そうかー。
じゃあ手伝うから、順を追って作っていこうか。
ami おねがいします...
gen まずは設定画面に入る方法だね。

■設定画面にはいってみよう
1. 日記のトップを開き、ページの一番上にある[追記]ボタンをクリックします。
IDとパスワードを求められるので、tDiaryインストール時に登録したものを入力します。
2. [追記]画面が表示されます。
3. [追記]画面の右上に[設定]ボタンが現れています。
[設定]ボタンをクリックしてください。
4. 設定画面が表示されます。
gen 設定画面が表示されたら、基本的には上から順番に設定していこう。
ami はーい。

■基本

・著者名
あなたの名前を指定します。これはHTMLのヘッダ中に記載されます。
例えば名前を「GEN」にした場合、tDialyのトップページのHTMLソースの中に

  <meta name="author" content="GEN">

として記載されます。
作者情報としてHTMLソース内に記載されますが、日記画面などには表示されません。
気にならなければ設定しなくても構いません。


・メールアドレス
あなたのメールアドレスを指定します。これはHTMLのヘッダ中に展開されます。
例えばメールアドレスを「sample@example.com」にした場合、tDialyのトップページのHTMLソースの中に

  <link rev="made" href="mailto:sample@example.com">

として表示されます。
作者情報としてHTMLソース内に記載されますが、日記画面などには表示されません。
気にならなければ設定しなくても構いません。


・トップページURL
「トップ」ボタンをクリックした際に表示するページを指定します。
存在しない場合は何も入力しなくてもかまいません。
記入しない場合は[トップ]のボタンが表示されません。

サイトのトップページでもよいですし、tDiary自体のトップページを指定しても構いません。
例えばサイトのトップページ「http://www.example.com/index.html」へジャンプするようにしたい場合はそのURLを記入します。
結果として、tDialyのトップページのHTMLソースの中に

  <link rel="index" title="トップ" href="http://www.example.com/index.html">

として表示されます。

HTMLソースの例
HTMLソース


・時差調整
通常は初期状態「0.0」のままで利用します。

■ヘッダ・フッタ

・タイトル
ここでいうタイトルは、ページのタイトルとしてブラウザの枠上部に表示される名称です。
ブログのトップページに表示される名前ではありません。
携帯電話で閲覧した場合などにブックマークのタイトルとしても利用されますので、しっかり記入しておきましょう。
ami 携帯電話からもみられるの?
gen うん。読むだけでなく、日記を追記することもコメントを入れることも出来るんだ。

・ヘッダ
ブログのトップページに表示され名前として表示されます。
以下のタグにはブログの名前を入力します。
例えば「週間天気予想」といった名前のブログにしたい場合は

  <h1>週間天気予想</h1>

と記載します。


・フッタ
ここでいうフッタは、便宜的にフッタといっていますが実際に表示される位置は利用するテーマのレイアウトによります。*
まずは使いたいテーマを決めてから設定された方がいいでしょう。
  *サイドバーに対応しているテーマなど。

設定の反映例
反映例

1 2 次頁へ >> 3

目次へ