電網通信あみあみ
これならできちゃう!

【 ワープメール 】
ショッピングカートを始めたあみですが、問合せのメールとともに未承諾広告メールも増えてしまって困っている様子。 見かねたゲンが助言することに...
ami どうも最近、未承諾広告が増えて増えて。なんとか受け取らないようにできないかしら。
gen いくらメールの件名に「未承諾広告※」つけてるとはいえ迷惑なことには変わらないよね。
ある程度の迷惑メールなら「ワープメール」で自動削除できるけどね。
ami 「ワープメール」?
gen メールサーバーに受信メールが届いた時に、「転送・通知・拒否・破棄」の中から設定しておいた条件を自動的に実行してくれる機能だよ。
ami よくわかりません...
gen 例えば今回の「未承諾広告※」、これをサーバーに届いた時点で破棄してしまえば読まずにすむでしょ。それをやってくれる機能なんだ。
ワープメールのしくみ
ami メールソフトで受信しなくて済むってこと?
gen そうだね。ただ最近はルールを無視して「※未承諾広告」とか「未承諾※広告」とかバリエーションもあるので、それらもまとめて破棄できるようにしておいたほうがいいだろうね。
ami それは便利。さっそく設定しよっと。で、どうすればいいの?
gen 「メールコントロールパネル」にアクセスしてみて。
(→アクセス方法は前回を参照してください
「メールコントロールパネル」が開いたら「ワープメールの設定」の「実行」ボタンをクリックしてみて。
ワープメール初期画面
ami なんかボタンが3つもあるけど、どれを押せばいいの?
gen そうだね。最初だから簡単設定モードで始めてみようか。
ami はーい。ぽちっとな。
gen そしたらまずはルール名から決めようか。わかりやすく「迷惑メール破棄1」とでもしておこうか。
設定画面1
ami ルール名ってなに?
gen ワープメールに設定した内容に名前を付けておけば、後で設定内容を確認する時にも探しやすいでしょ。そのためにつけておく名前だよ。
ami ふーん、なるほどね。
で、次は「受信メールの処理方法を指定してください」ってあるけど。
これは「破棄する」を選べばいいのかな?
設定画面2
gen そうだね。いらないメールなら破棄がいいね。迷惑メールによっては返信してしまうと送信リストに登録されてしまう場合があるからね。
できるだけ返信しないほうがいいと思うよ。
→迷惑メール対策について
ami それは嫌ねー。では「破棄」と。
次は.....「受信メールの処理条件をA〜Jの中から設定してください」ってずいぶん色々あるのね。
この場合は・・・「D.件名(Subject)」ね?
gen その通り。件名が「未承諾広告※」になっている場合に破棄したいわけだからね。
設定画面3
ami 次へ、と。
わぁー、簡単な内容ね。登録ボタンをクリック、と。これだけでOKなの?
設定完了画面
gen うん。まずはるルールの1つ目としてね。
ami 1つ目?まだあるの?
gen 「未承諾広告※」が「※未承諾広告」だったり「未承諾※広告」した場合は、このルールだけでは足りないからね。
同じようにルールを追加していくことで、より効果が出て来るんだよ。
ami なるほどー。でもそういう業者って手を替えてくるわよねきっと。
gen そうだね。完璧って訳にはいかないけど、設定しておいた方が少なくなるのは確かだよね。
ami ほんとうっとうしいものね。じゃあ続けて設定っと。
新規作成ボタンをクリック...でいいかな。
gen うん。同じ画面が出てくるから、同じように設定していけばいいんだ。
ami 次は「※未承諾広告」で設定しよっと。ルール名は「迷惑メール破棄2」と。
  ・
  ・
  ・
設定リスト画面
ami これでよしと。「未承諾広告※」「※未承諾広告」「未承諾※広告」「未承諾広告*」「*未承諾広告」の五つで登録しておいたよ。
gen これ以外に来る迷惑メールについては適宜追加していけばいいしね。
「ビジネスチャンス」「億万長者」とか迷惑メールによく使われるキーワードなんかも追加できるし。
ami 今日からは迷惑メールが少しは減るってことね。よかったー。
gen 英語の迷惑メールは難しいけどね。パターンが多すぎるから。
まあ、この方法は「ワープメール」の機能を利用したウラワザみたいなものだけど、日本語だとそこそこ有効だよ。
これでお客さんからのメールだけ見られるようになるね。
ami あ!お客さんからのメールに「未承諾広告※」ってあったらどうしよう。
gen それ、お客さんだとは思えないんだけど...
次回をおたのしみに。

→ワープメールのマニュアル
参考サイト:経済産業省「特定商取引に関する法律施行規則の改正について」
http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0002876/

目次へ